RECRUIT

PEOPLE 働く人

PEOPLE

01

2016年入社

producer

Mari Hoshino

日本のコンテンツを
国境を越えて
一人でも多くの人に届けたい

WORK producerの仕事内容は?

ー海外の人に「届く」コンテンツを

仕事をする上での原体験として、日本のマンガやアニメは面白いと言われながらも、一部の人が享受するものにとどまっている状況を留学中に目の当たりにしたことがあります。「もっと広く、多くの人に届けられる面白さがあるはずなのに。どうしたら届けられるのか」という想いを強くしました。
前職ではコミック編集をしており、日本向けに作った作品を翻訳して海外に展開することはありましたが、多くの人に良さを伝えるために果たして翻訳で十分なのかと考えていました。
現在はクリエイティブ全体を監修する立場で、中国のティーンに向けたコンテンツをゼロから企画して、日本のクリエイターさん達と一緒に制作しています。日本の文脈が分からない人でも楽しめるコンテンツを届けるために奮闘する毎日です。

PLEASURE 仕事のやりがいは?

ー自分の常識を外して見ること

中国、さらには世界中に拡がることを目標にしているので、「日本では・・・」という常識にとらわれずに物事を見る姿勢を大切にしています。
例えば、「イケメン」と一口に言っても、日本でも世代や好みでイケメン像が異なるように、中国でも違います。そういったことを一つ一つ、中国のチームと話し合いながら最適な表現を探します。互いを尊重し、育った環境や常識という枠を外していけば、日本でも中国でも、もっと多くの人が楽しめるコンテンツに発展させられると信じています。目指すのは「面白さの最大化」です。

ADVANTAGE Happy Elements Asia Pacific
だからできること

ー多くの人を喜ばせたいという熱

「多くの人を喜ばせるために、アイデアを形にしたい」と真剣に考えて動く人に寛容で、それをサポートする社風があります。また、新しいことにチャレンジして成長したいという熱量のある人には向いていると思います。例えば、デザインの経験とスキルを活かして、デザイン以外のことも含めていろんなことをやりたい人。チャレンジ精神があり、ものごとを柔軟に受け止めて考えられる人はきっと楽しく仕事ができる会社だと思います。

PEOPLE

02

2015年入社

producer

Xinnan Liu

中国やアジア、
より大きなマーケットで
勝負したい

WORK producerの仕事内容は?

ー大きいマーケットで勝負できる

日本のゲームやマンガが小さい頃から好きで、自分が作ったものをユーザーに届けたいという想いがありました。日本にとどまらず中国やアジアのマーケットを視野に入れつつ仕事をできることが、Happy Elements Asia Pacificの魅力と感じています。より多くの人に自分の企画を伝えられる可能性がありますから。

PLEASURE 仕事のやりがいは?

ーアイデアを形にできる環境

入社後は、「アイドルメモリーズ」の企画、運営、マーケティングを担当しました。日中で同時展開したこの作品は、30分枠の番組内で、前半はアニメ本編で、後半は声優陣のバラエティ企画というハイブリッドな取り組みに挑戦しました。当時としては斬新と話題になったこの手法は、他の作品と差別化するために、中国チームと協議するなかで生まれたアイデアでした。
現在は自社に所属するバイリンガル声優のプロデュースとマネジメントをしています。「アイドルメモリーズ」を制作した経験から、中国展開を見据えるならば自社で声優を育成したいと提案したところ、半年後に実現して、候補者のオーディションから一貫して手がけてきました。
日中のプロジェクトなので、日中間の調整はあります。例えば制作分野では、北京から送られてきた脚本の戻しに対して、解釈を加えてから日本のクリエイターに渡すこともあります。意図がズレたまま進めると、後々大きなやり直しとなることもあるので、チーム間で調整をします。日中を越えて面白い作品をつくろうという気概と、うまくやるためのノウハウの蓄積はあります。

ADVANTAGE Happy Elements Asia Pacific
だからできること

ー仕事の裁量は大きい

プロデューサー職は仕事の幅が広く、自分のやりたいことを提案し、いろんなことにチャレンジできます。逆に言うと、企画から実行まで自分で考える力も求められます。自社でマネタイズし、意思決定者との距離も近いので、制作や決定はとてもスピーディです。
クリエイター職も自身の技術を活かして、自分のやりたい企画を提案できる環境があります。ゼロから企画したい人には打ってつけではないでしょうか。